CMS to Raise Ankle Bundle Reimbursement
by Philip Betbeze
HealthLeaders
2017年9月18日

In September, an update to CMS’s Inpatient Prospective Payment System increased the reimbursement bundle for primary and revision total ankle replacement procedures.The change will begin at the start of the 2018 fiscal year and will “move total ankle replacement from a broad, lower-paying joint category that includes total hip and total knee replacement that yielded thin margins and lower utilization into a higher-paying Medicare code, “ says Greg Berlet, MD, Orthopedic Foot and Ankle Center in Columbus, Ohio.

Berlet further explains that, “this announcement and change is most significant on the facility level, not the provider level and it also doesn’t apply to outpatient centers.The change reflects that people who are changing the regulations are hearing us.”

The alternative surgical option to replacement, ankle fusion, is a good option for pain relief for such patients, but replacement ideally restores functionality of the joint, while fusion generally reduces joint function.Berlet says the update is needed because knee replacements by comparison are more predictable, and usually needed because of normal wear and tear and age.Ankle replacement, by contrast, is more complex, requires longer operative times, and may need other work such as ligament repair that is uncommon in knee replacements.

Berlet believes the business impact of the decision is that hospitals will be much more willing to embrace total ankle replacement in their musculoskeletal service line, and be more willing to partner with physicians.He further expects the reimbursement decision to remove the financial barriers in place when accessing ankle replacement.

“Executives should make sure they surround themselves with physicians who embrace this innovation and can bring this skill to their facility,” he says.“They will find a rewarding service line to invest in.”

The opinions of Philip Betbeze and Dr. Greg Berlet are theirs alone and do not necessarily reflect the opinions of Wright Medical.

次へ »
Gary Sayler:INFINITY™ Total Ankle System Recipient
KRCR-TV (Redding, CA ABC affiliate)
2017年9月13日

Gary Sayles broke his ankle in a 1980 hunting accident.Years later, it became unbearable and he went to Dr. Jason Nowak of Shasta Orthopaedics in Redding, California for a total ankle replacement.Gary was implanted with the INFINITY™ Total Ankle System on 2015年4月8日.Dr. Nowak is one of a few physicians in the Redding area that routinely performs total ankle replacements.New technology allows Dr. Nowak to align the ankle replacement pre-operatively on a computer, which saves time in the operating room.

Dr. Nowak says that the ideal patient for an ankle replacement is 55 or older who has a low impact lifestyle (i.e.; walking, biking and swimming).Since Gary’s replacement surgery, he has been able to get back to walking regularly and is no longer suffering from pain in his ankle.

According to Dr. Nowak, 10 years after the ankle replacement surgery 90% of patients are doing well.

The opinions of Gary Sayles and Dr. Jason Nowak are theirs alone and do not necessarily reflect the opinions of Wright Medical.

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
The Balancing Act – Lifetime TV
North Carolina
Danielle Knox
2017年7月11日

Cynthia Pittman-Osula has suffered from hammertoe since 1997.The pain was bearable until 2013, when she noticed the bottom of her toes were becoming callused.Cynthia decided to see her physician, Dr. Berkowitz, who suggested she get the MITOE™ procedure versus a K-wire procedure.

Dr. Hodges Davis, a leading expert in foot and ankle orthopedic surgery at OrthoCarolina’s Foot & Ankle Institute in Charlotte, North Carolina, explained the MITOE procedure and its advantages.He pointed out that the surgery involves taking out one of the joints, straightening the toe, and inserting an implant inside the bone.The implant has a screw on one side and a spike on the other to hold the toe straight and is designed to stay in permanently.

An advantage of the MITOE implant for a hammertoe surgery is a quicker recovery time, allowing a faster return to work and open toe shoes.There have been over 10,000 MITOE procedures completed in the U.S. and complications are very rare.Cynthia, who received the MITOE implant, was able to travel on an airplane and wear open toe shoes in just five weeks after surgery.

The opinions of Cynthia Pittman-Osula and Dr. Hodges Davis are theirs alone and do not necessarily reflect the opinions of Wright Medical.

These results are specific to this particular individual only.術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

足首に関節炎を患われていますか?新しい足首を手に入れることができます
USAトゥデイ
2017年3月14日

マリリン・ウッツは、関節炎を何年もの間患った末に両膝と肩関節の置換術が必要となりました。2014年、マリリンの右足首は手術前の膝・肩関節のような痛みを覚え始めましたが、足首の装具と痛み止めの注射で痛みをしのいでいました。マリリンの足首は骨と骨の摩擦のため悪化し、活動的なライフスタイルに悪影響を与えました。マリリンは歩くことも庭仕事や魚釣りをすることもできず、ビーチに行くことも我慢できないほどでした。マリリンは痛み止めに頼らなければ1日も過ごせなくなっていましたが、薬剤によって気分が優れませんでした。

マリリンは次は手術しかないことを悟ります。彼女はMetropolitan Ankle & Foot Care(ニュージャージー州トトワ)のユージーン・バテリ医師を訪れました。そこでINFINITY™人工足関節置換を勧められたのです。マリリンは足関節置換手術を受けることを決意し、5月2016日、INFINITY™人工足関節が埋め込まれました。彼女は病院で3日間過ごし、ギプス包帯で6週間、その後短下肢装具を使用しました。理学療法を受けるとマリリンの関節可動域は大きく広がりました。足首への負荷が許されると、歩くことで力を取り戻せるようになりました。

マリリンは現在、以前のように水泳をし、地元の小学校の食堂でパートタイムの仕事をしています。彼女は人工足関節置換手術の教育に自分の経験が役立てばと願っています。

「自分の足首じゃないことは意識さえしません。」とマリリンは語ります。「私は両膝の置換手術を受けて成功しました。でも心のなかでは、自分の膝じゃないことはわかります。この足首についてはそんなふうに思いもしないわ。」

マリリン・ウッツとバテリ医師の意見は自分たち独自のものであり、必ずしもWright Medicalの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
人工足関節置換術に適しているでしょうか?
WPLG-TV (ABC、マイアミ)
2017年2月10日

サウスブロワード・カウンティの整形外科アソシエーツであるスティーブン・スタインラーフ医師は、加齢および負傷で足首に問題を抱える患者さんのオプションとして足関節置換を強く勧めています。インプラント技術の大幅な改善により足関節の機能が向上しました。スタインラーフ医師は、多くの人々が膝や股関節の置換については認識しているものの、人工足関節置換のオプションについても知るべきだと指摘します。

患者のベラ・バーラーは、3月2016日にINFINITY™人工足関節システムを右足首に埋め込む手術を受けた後、今や痛みとは無縁です。「私は気分がいいわ。98~99%の気分よ。」

ベラ・バーラーとドクター・スティーブン・スタインラーフの意見は自発的なもので、必ずしもWright Medicalが関与したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
コウェータに住む多くの人が関節置換術を受けます。
ニューナン・タイムズ・ヘラルド(The Newnan Times-Herald)
2017年2月01日

2010年、ケイ・パットンは大型の嵐に備え自宅の庭で仕事をしていました。そこで彼女は梯子から落ち、足首をくじいてしまいました。ケイはジョージア州ニューナンにある「Ortho Atlanta」のシャローナ・ウィリアムズ医師を訪問しました。同医師は骨移植とスクリューを用い、ケイの足首を再建したのです。ケイの足首は時間経過とともに治癒しましたが、ひどい外傷性関節炎の症状が出始めました。

ケイは1年後2回目の手術を受け、プレートとスクリューを取り外しましたが、歩くのも困難なほどのひどい痛みは消えませんでした。ウィリアムズ医師はケイにINBONE™ Total Ankle System(人工足関節システム)を考えてはどうかと勧めました。同医師の説明によれば、完全回復に至る過程に困難はあるものの、これによって関節の動作範囲は完全に回復する可能性が高いとのことでした。ケイは元の生活を取り戻すべく、その手術を受けることを決意しました。

ウィリアムズ医師の説明によれば、関節置換術を受けるのに適した患者は、年齢が65歳以上で、非喫煙者、体重過多でないこと、関節に変形がないこと、そして仕事が重労働ではないことです。ケイは、この手術が若い患者さんにも適用できること、実際に適用されてきたことを知ります。自分の経験を伝えることで、人工足関節置換術が選択肢になりうることを知らずに足首の痛みによる苦しむ患者さんの役に立てれば、とケイは願っています。手術のおかげで、彼女は自分が好きな活動すべてを再び行うことができます。例えば散歩、水泳、庭仕事、料理などです。

ケイ・パットンとシャローナ・ウィリアムズ医師の意見は自分たち独自のものであり、必ずしもWright Medicalの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
ラムジーの女性、新しい足首を手に入れ、新たな人生へ
マーワー-ラムジーデイリーボイス(Mahwah-Ramsey Daily Voice)
2017年1月25日

マリリン・ウッツは24/7 足首の関節炎による痛みが悪化していました。彼女は雪が降ったり氷ができる天候に神経を使うようになり、階段の上り下りを怖がります。ニュージャージー州ラムジーの住人であるこの女性(69歳)はついに、痛みを抱えながら生活することに人生の意味はないと悟り、トトワを拠点にするユージーン・バテリ医師を訪れます。

ドクター・バテリはマリリンの足首が80%以上関節炎にかかっていると診断し、足関節置換術を受けることを勧めました。バテリ氏はこう説明します、「最近はこのようなインプラントのおかげで患者さんは自分のやりたいことができるようになり、活動的なライフスタイルを取り戻しています。」3年間苦しんだ末、マリリンはハッケンサック・メディカルセンター(Hackensack Medical Center)で手術の予約をしました。

今、マリリンは自分の好きな、魚釣り、庭仕事、水泳などの活動を再開しました。彼女は言います。「年を取ると多くの人が諦めてしまうわ。でも私は違うの。私は絶対に諦めないの。あなたもがんばって。」マリリンは、痛みに苦しみ、「両翼をもがれたように感じる」自分の友人に、足首置換術をよく勧めています。

マリリン・ウッツとバテリ医師の意見は自分たち独自のものであり、必ずしもWright Medicalの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
クラウス夫人はクリスマスまでに新しい足首を手に入れます2016
Yorktown Crier & Poquoson Post
2017年1月17日

クラウス夫人は関節炎によって右足首が痛みと不快感に苛まれ、クリスマスの仕事に支障を来し始めました。今年の秋、クラウス夫人はTPMG Orthopedics and Sports Medicine(ニューポート・ニュース)の足/足関節専門外科医であるマシュー・A・ホプソン医師に連絡をしました。

ホプソン医師が診察すると、クラウス夫人は足関節のほとんどが摩耗していました。同医師は彼女に、人工足関節置換「TAR」を受けるよう勧めました。クラウス夫人の足首は、Wright Medical Prophecyイメージングシステムを用い3次元CTスキャンで撮影され、患者独自のINFINITY™術前ナビゲーションアライメントガイドがデザインされました。

9月後半、クラウス夫人は足関節置換手術を受けました。3カ月後彼女は補助なく歩き、「階段を使って」クリスマスのサンタの準備を手伝っています。彼女は2週間に1回治療を受けており、こんなに早く回復したのはホプソン医師の技術と優秀なスタッフのおかげだと感謝しています。

クラウス夫人の意見は自発的なものであり、必ずしもWright Medicalの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
足関節置換術により痛みから解放され、可動域が戻ります
WXIA-TV (NBC、ワシントンD.C.)
2016年12月28日

ケイ・パットンは活動的なライフスタイルを送っていましたが、自宅で庭仕事をしている時梯子から落ち、足首をくじいてしまいました。この負傷後、彼女は「Ortho Atlanta」(ストックブリッジ)の シャローナ・ウィリアムズ医師の診察を受け始めました。

足首を再建した後も、ケイは依然として痛みを感じていました。ウィリアムズ医師はケイにINBONE™ Total Ankle System(INBONE™人工足関節システム)の手術を受けるよう勧めます。同医師は、足関節置換術の目標は患者の足首の痛みを取り除き、同時に機能的動作を保存することであると説明しました。また、CTスキャンにより患者の現在の足関節のサイズを測定し、インプラントのサイズはそれとマッチさせるのだと説明しました。

ケイは、その手術を受けることを決意します。彼女は足首のことをこれ以上気にせずに自分が好きだった活動的なライフスタイルを続けたいと願っており、INBONE Total Ankle System(INBONE人工足関節システム)をはじめとする新技術によって患者転帰は大きく向上しました。

ケイは人工足関節置換術に適応でしたが、全ての患者さんがそうとは限りません。その方が肥満であったり、心血管系に問題がある場合、あるいは重労働に携わっているような場合はこの手術に適しません。自分の経験を伝えることで、人工足関節置換術が選択肢になりうることを知らずに足首の痛みによる苦しむ患者さんの役に立てれば、とケイは願っています。

ケイ・パットンとシャローナ・ウィリアムズ医師の意見は自分たち独自のものであり、必ずしもWright Medicalの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
月曜日、FOX11 Field Houseにて:11月 28、 2016
Fox 11 グリーンベイ
2016年11月28日

ジェイソン・デブリース医師は、足関節に重度で末期の関節炎を抱え、これ以上痛みに耐えられない患者さんに、人工足関節置換術を勧めています。

多くの場合、患者さんの手術には一日かかり、そのあと病院に一晩滞在します。

デブリース医師の説明によれば、患者さんは手術後2~4週間足首に全く圧力をかけることができません。そのあと、理学療法を開始し、短下肢装具を用いて歩くことになります。

足関節置換術を受け適切な回復期間を経た後、患者さんは痛みから解放され自由に歩行できるようになります。そして元のように好きな活動ができるようになります。

ジェイソン・デブリース医師の意見は同氏独自のものであり、必ずしもWright Medicaの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
フォールズチャーチの医師、人工足関節置換手術の先駆者となる
Falls Church News-Press
2016年11月13日

スティーブン・ニューフェルド医師(バージニア州フォールズチャーチ)はINOVAヘルスシステムでプログラムを開発し人工足関節置換を医療的処置の最前線に持ち込む一助を担いました。手術により患者さんには痛みとは無縁の足関節と完全な可動域がもたらされ、以前のように好きな活動ができるようになります。

人工足関節置換の利点を見るには、ニューフェルド医師の患者であるカレン・ナボロの例をみるのが一番です。彼女は何年もソフトボールに打ち込んでいましたが、25歳のとき足首を挫いてからずっと痛みに悩まされてきました。現在54歳のカレンは日常的な業務をこなすことができなくなった時ついに我慢の限界に達します。ニューフェルド医師の診察で人工足関節置換を受けられることを知ると、すぐにINFINITY® 人工足関節システムによる足関節置換の予約を取りました。この手術は成功し、彼女の足関節は痛みから開放されました。彼女は今や定期的にジムに通い、アウトドア生活を満喫しフィアンセと旅行を楽しんでいます。

ニューフェルド医師とカレン・ナバロの意見は自発的なものであり、必ずしもWright Medicalが関与したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
ラプラタの女性、新しい足首で活動的な生活を取り戻す
Maryland Independent
2016年10月14日

メリーランド州ラプラタに住むカレン・ナバロは右足首に20年以上にも渡り年々ひどくなる痛みに苦しんでいました。最終的に彼女はソフトボール、カーショーの観覧、庭仕事などの好きなアウトドア活動から遠ざからざるを得ませんでした。痛みに疲れ果てた彼女はかかりつけ医の診察を受け、The Orthopaedic Foot & Ankle Center(バージニア州フォールズ・チャーチ)のスティーブン・ニューフェルド医師に紹介されました。

ニューフェルド医師は人工足関節置換を彼女に勧め、10月 14、2015日カレンは右足首をINFINITY®人工足関節システムで置換しました。この手術によりカレンは、アウトドア生活を楽しんだり定期的にジムに行くことができるようになりました。彼女は、2016年末の退職も心待ちにしています。カレンやその他の患者さんによる症例経験から、ニューフェルド医師は手術によって患者さんの生活が一変し、足・足関節の痛みから開放された生活を送ることができるようになると確信しています。

ニューフェルド医師とカレン・ナバロの意見は自発的なものであり、必ずしもWright Medicalが関与したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
足関節置換により父親としての活動が可能に
06/19/2016
2016年7月19日

クリス・ドッダーは3人の子供と活動的に過ごし、子供たちのスポーツチームのコーチをすることが大好きな父親ですが、タルサ大学でサッカーをして以来何10年も足首の痛みに苦しんでいました。大学の芝技術は当時あまり進んでいなかったため、足首に痛みを引き起こし始めました。彼は大学に所属している間中ずっと足首の問題に苦しんでいましたが、約20年間痛みから解放されるという医師らの話しを聞いて、彼のキャリアの最後に手術を受けました。約20年後、クリスは子供たちとディズニーワールドに行きましたが公園ではひどい痛みのため子供たちについていけず、医師の診察を受けて左足首を治す時期が来たと決心しました。

クリスはストトラー医師(Tulsa Bone and Joint Associates)と面会し、2015年初頭、INBONE®人工足首システムを受けました。30~40回/年の足関節置換術を実施した経験から、ストトラー医師はクリスがINBONE®人工足関節に適応であると見極めることができました。足関節置換術を受けて以来、クリスは短期の回復期間を過ごした後実質的に痛みのない生活を送っています。

ドクター・ストトラーとクリス・ドッダーの意見は自分たち独自のものであり、Wright Medicalが必ずしも関与したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

子供たちに追いつく
Tulsa Lifestyle
2016年7月01日

タルサの住人クリス・ドッダーの長年の夢は、彼の3人の子どもたちを初めてディズニー・ワールドへ連れて行くことでした。不運にも、大学時代サッカーで痛めた左足首の怪我の影響が長引いたため、その夢は消えかけていました。最近の休暇では、常時続くしつこい足首の痛みと痺れのため、7歳と9歳、11歳の子供たちに追いつくことも難くなっていました。

ウェズリー・ストトラー医師(Tulsa Bone and Joint)会ってから、クリスは自分が人工足関節置換術を受けるのに非常に適していることがわかりました。2015年3月11日、ストトラー医師は、INBONE® Total Ankle System(INBONE®人工足関節システム)をクリスの左足関節に埋め込みました。インプラントを受けて以来、クリスは自分が好きなことに戻ることができました。つまり、痛みを感じることなく活動的に過ごし、自分の子供たちのスポーツチームをコーチする、ということです。

ドクター・ストトラーとクリス・ドッダーの意見は自分たち独自のものであり、Wright Medicalが必ずしも関与したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

次へ »
足関節置換術
07/01/2016
News 4 JAX
2016年7月01日

不動産屋を営むリネット・パーソンズは14歳から足関節の痛みと関節炎に苦しんでいました。杖をついて歩き、嵐の日にはさらにひどくなるような足首の痛みを何10年も抱えた後、彼女はソリューションを見つけたいと考えるようになりました。遠くはヨーロッパに至るまで各地の医師の診察を受け始めたリネットは、フロリダ州ジャクソンビルにあるUF Healthのジェイソン・ピライノ医師から、足関節置換が最も適したオプションであるという話を聞いたのです。

不動産屋としてリネットは仕事を犠牲にしたくなかったのですが、人工足関節置換なら仕事に影響はありませんでした。ピライノ医師は、CTまたはCATスキャンの撮影結果をメーカーに送ることで患者ごとにガイドが作成されると説明しました。医師は過去10年のあいだに技術が大きく進歩したと語りました。実際、リネットは手術の後、仕事を休むことはほとんどなく、痛みとは無縁の生活を送っています。

ジェイソン・ピライノ医師とリネット・パーソンズの意見は自発的なもので、必ずしもWright Medicalの意見を反映したものではありません。

いかなる結果もそれぞれ個人によって異なります。術後の個々の結果と活動レベルは様々で、年齢、体重、以前の活動レベルによって変わります。手術はリスクを伴い、回復に時間がかかります。また中には手術を受けるべきではない方もいらっしゃいます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software